マッチングアプリで1か月やりとり!進展しない4つの理由と対処法3選

マッチングアプリで1ヶ月やりとりしたけど、関係が進展しないと悩んでいる方は少なくありません。

たとえば、

  • か月もやりとりしてるのにご飯に誘われない
  • どのタイミングでご飯に誘えばいいか分からない
  • やりとりをして会ったあとに連絡が遅くなった

<など、やっと仲良くなれたと思ったのに、全然誘われないと不安になったり相手のことが分からなくなります。

ご飯に行った後、連絡が遅くなると寂しくなったりもやもやして焦ったりもするでしょう。

そこで本文では、マッチングアプリで1ヶ月やりとりしたのに関係が進展しない理由と対処法をお伝えします。

ご飯に誘うタイミングはやりとり開始から2週間

マッチングアプリで出会った人をご飯に誘うのは、やりとりし始めてから2週間程度が良いとされています。

連絡頻度では20往復で連絡先の交換や会う約束を促しているアプリもあります。

早い方がいい理由としては、やりとりが長すぎると会話に飽きてしまい他の人に興味を持ってしまうからです。

ただ早すぎると真剣ではないと思われてしまうこともあります。

人によっては1か月程度やりとりをして、打ち解けてようやく会ってもいいかなと思うこともあります。

できれば早い方がいいですが、会いたいと思ったらお互いで相談して会う日程を決めてみるといいかもしれません。

1か月もメッセージしているのに関係が進展しない4つの理由

1か月もメッセージしているのに関係が進展しない理由は以下の4つです。

  1. 他に気になっている人がいる
  2. 誘ってもらえるのを待っている 
  3. 会える時間がない
  4. 付き合うことについて真剣に考えているから

理由①:他に気になっている人がいる

1か月もやりとりが続いているのにデートに誘われないのは本命ではないと考えられます。

それは、あなた以外の気になる人に時間を使いたいから。

  • <顔写真は好みだし、いい子だけど他に気になる人がいるからキープにしておこう。
  • 先に他の子に誘われたからまたにしよう。
  • 恋人というよりは友達かな。

などと考えられているかもしれません。

マッチングアプリでは多数の異性と同時に連絡をとるため、興味関心がない人とは1か月もやり取りすることができません。

あなたが誘われないのは、他に気になる人がいるからと考えるのが妥当でしょう。

理由②:誘ってもらえるのを待っている

お相手はあなたからのアクションを待っているかもしれません。

考えられる理由は2つあります。

  • 「たまには誘ってもらいたい」と考えている
  • 誘うタイミングが分からない

特に男性の場合、誘う側になることが多いので、あなたから誘ってもらいたいと考えている人もいるということを覚えておきましょう。

また、誘うときのポイントは、相手のことをもっと知りたい!会ってみたい!と興味があると伝えてみることです。

もし断られても、忙しい時間の隙間にあってくれようとしたり、別日の提案があればあなたのことを真剣に考えてくれている証拠です。

そのような時は勇気を出して誘ってみましょう。行動できたことが自分の自信にも繋がります。

理由③:会える時間がない

忙しくて時間と心に余裕がないと会える時間も限られてきます。

恋愛よりも仕事を優先して考える人や、遠距離、学生では授業やバイト・教習所など多忙を極めている人もいるからです。

多忙のあまり次に会えるのが1か月先、なんてこともあるようです。

そんな中でも連絡を返してもらえるのは、まだあなたとやりとりをしてもいいかなと思っているから。

せっかく会うなら余裕があるときにおもいっきり楽しみたいですよね。

理由④:付き合うことについて真剣に考えている

いわゆる慎重・奥手なタイプです。

真剣に相手を選びたい人は、メッセージを大事にしていると考えられます。

相手との信頼関係を築いた後に関係を深めたいと思っているのでしょう。

  • 長いお付き合いや、結婚のことを考えている
  • 相手が勧誘や体目当てではないことを確かめている
  • 誘うタイミングが分からない。迷惑かもしれないと考えている

あなたとのことを真剣に考えているからこそ行動が慎重になっているのかもしれません。

マッチングアプリで進展しないときの3つの対処法

1か月もメッセージしているのに関係が進展しない時の対処法は3つあります。

  1. 電話で話をしてみる
  2. 自分から誘ってみる
  3. 気持ちを切りかえる

対処法①:電話で話をしてみる

メッセージで相性がいい、会いたいと思ったなら、会う前に一度電話することをおすすめします。

電話することで、会話のテンポや話しやすさが分かり、会いたいと思ってもらえるかもしれないです。

本当はあなたと電話したいと思っても、長電話になってしまうと困るから電話できないと考えている人もいるはずです。

そのような忙しい相手の場合は、時間をきめて相手に負担がないように配慮するとよいでしょう。

また、気まずくなるのが不安な場合は、アプリで電話してみるのも一つの手段です。

アプリ内であれば、電話の制限時間が設けられていることもあるので、自分の好みによって使い分けることが可能です。

電話での居心地がいい相手は、会っても話しやすいことが多いです。この機会に、言葉遣いや口調など、引っかかりがないかを確認してみてください。

対処法②:自分から誘ってみる

相手が動かないのなら自分から誘ってみましょう。

メッセージを何通もするより、1回会ってしまう方が気持ちが繋がりますし、直接会ってみないと相手のことも見えてこないです。

友達とも、メッセージをするより実際に会うほうが話しが広がりますし人柄も伝わります。

気づいたら時間がたっていた!なんてことも仲良し同士ではあるあるですよね。

私も実際に様々な男性と会ってきましたが、メッセージが続いたとしても、フィーリングが合う人は少ないと感じています。

だからこそ、自分から誘ってみまましょう。会ってみて「いいな」と思えたら、その気持ちを伝えて次に会う約束をしてから解散することをおすすめします。

対処法③:気持ちを切りかえる

自分の貴重な時間を1人だけに注ぐのはもったいないです。

やり取りが続いていてもメッセージの内容によっては気持ちが離れている可能性もあります。

下記の点を確認して、一つでも該当するようであれば、脈なしと判断し気持ちを切りかえましょう。

  • 返事が淡白でないか
  • メッセージを短文で終わらせていないか
  • 興味を示してもらえているのか
  • 連絡頻度が普段よりも少なくなっていないか

せっかくいい人に出会えたのに!と思い、どうしても諦めきれない気持ちがあると思います。

でも大丈夫、あなたを想ってくれる人は他にもいます。また一歩前に踏み出しましょう。

お互いの熱が冷めないうちに行動しよう!

お互いに会ってもいいかなという雰囲気がある場合や、LINEを交換しているなら早めの段階で会ってみましょう。

人は、意識変化から行動変化までの時間が空けばあくほど意欲が低くなります。

実際にLINEを続けているとだんだん連絡が遅くなり、会う日程を決める段階で未読スルーになってしまうこともあります。

でも、せっかくのご縁なので会っておきたいですよね。

アプリによってはメッセージを進めながら会うタイミングをアドバイスしてくれるので、誘うタイミングが分からない場合はアプリに頼ってみるのもいいでしょう。

お互いに会いたいと思っているうちに行動するのが大切です。皆さんに幸あれ!