因果応報は恋愛でもおこる! 裏切りは同じ形で返ってくる

 

ひな
因果応報って恋愛にも関係あるのですか?
椿
もちろんよ。良くも悪くも、自分がしたことと同じ形で返ってくるのが因果応報ですもの。

因果応報とは、良いことも悪いことも、今起きている結果のすべては自分が作るということ

つまり、良いことをしたら良いことが、悪いことをしたら悪いことが自分に返ってくるということですね。

良い行いをしたら良いことが返ってくる、悪い行いをしたら悪いことが返ってくる

だから、あなたが浮気など何らかの裏切り行為をしたのなら、時を経て同じ形であなたが裏切られるのです、必ず…

本文では、恋愛における因果応報について解説しています。因果応報の法則を身につけて人生を好転させましょう!

因果応報は恋愛でも起こる!

因果応報とは、良いことも悪いことも、今起きている結果のすべては自分が作るということ。

つまり、あなたが浮気をしたら、時を経てあなたが浮気される側になるということです。

逆も然りで、あなたが優しく手を差し伸べたら、時を経てあなたが手を差し伸べてもらえるということですね。

椿
20代の頃ドタキャンしまくってたら、婚活真っ只中の30代にドタキャンされまくったわ。
ひな
わっ!まさに因果応報 汗

このように、自分のまいた種は必ず自分に返ってくるのが因果応報、恋愛も例外ではありません。

むしろ、婚活という大事な時に返り討ちにあうというショッキングな人生にもなりかねません。

これを回避するには、「因果応報」について詳しく知っておくことが一番の近道!

そこで、次の章では「因果応報」について詳しく解説していきます。

因果応報は良い意味・悪い意味両方で使える四字熟語

「因果応報」と聞くと悪いイメージしか浮かばない方が多いのではないでしょか。

ですが本来は、良い意味、悪い意味、両方で使える四字熟語で、仏教の教えをあらわす言葉なのです。

「因果応報」を簡単かつ分かりやすく言うならば…

良い行いをしたら良いことが返ってくる、悪い行いをしたら悪いことが返ってくるということ!

これは、由来である仏教の教えにも関係していますので、由来と合わせて次の章で掘り下げて解説していきます。

因果応報の由来が分かれば意味も納得

因果応報の由来は仏教の教え。

本来は「過去や前世の行いが今世の自分に返ってくる」という意味で使われていました。

この「因果」とは、原因と結果のことで、「すべての結果には必ず原因がある」ということ。

そして「応報」とは、文字通り「因果(原因)を受けての報い(結果)」があらわれること。

つまり、原因に応じた結果があらわれるということです。

それが転じて今では、

  • 良い行いをしたら、良いことが返ってくる
  • 悪い行いをしたら、悪いことが返ってくる

という意味で使われています。

椿
これはもう法則よ。だから、日頃の行いに気をつけて!

では、「因果応報」の意味が腑に落ちたところで、本題の恋愛における「因果応報」をみていきましょう!

恋愛における因果応報も法則通り

良くも悪くも自分のしたことは自分に返ってくるのが、因果応報。

外に原因があるのではなく、自分自身に原因があるのが、因果応報。

これは、恋愛にもしっかりと当てはまります。

浮気、不倫、二股、略奪…などなど、身に覚えのある方もいることでしょう。

ですが不思議なことに、因果応報にはタイムラグがあるようで、すぐに返り討ちに合わないのが特徴です。

タイムラグがあるからこそ、悪さをしてしまう…とも言えますが 汗

もちろん、良いことをした場合でタイムラグがありますので、因果応報に気づかないこともあるかもしれません。

今回は、分かりやすく善悪の2パターンを例に解説していきます!

ハッピーな因果応報

ハッピーな因果応報とは、「良い行いをしたら、良いことが返ってくる」ことです。

この場合の原因とは、下記のようなことがあげられます。

  • 他者が喜ぶ・幸せになること
  • 他者の役に立っていること

原因が良い行いなので、もちろん結果も良いことが返ってきます。そして、因果応報の特徴は同じ形で返ってくるということ。

この法則を踏まえ、ハッピーな因果応報の例をご紹介します。

原因結果
友人の恋のキューピッド友人が紹介してくれたヒトと結婚
相手を褒めた相手に褒められる

法則通り、ハッピーな未来になっていますよね!これこそが、ハッピーな因果応報です。

同じ形で返ってくる、幸せブーメランはウェルカムですよね!未来のあなたは今のあなたが作っている!忘れないでください!

それでは次に、アンハッピーな因果応報をみていきましょう。

アンハッピーな因果応報

アンハッピーな因果応報とは、「悪い行いをしたら、悪いことが返ってくる」ことです。

この場合の原因とは、下記のようなことがあげられます。

  • 他者が不快な気持ちや不幸になること
  • 他者の邪魔をすること

原因が悪い行いなので、もちろん結果も悪いことが返ってきます。

しかも因果応報にはタイムラグがあるので、忘れた頃に返り討ちにあいます。

では、アンハッピーな因果応報の例をご紹介します。

原因結果
浮気した結婚間近で浮気され破談
悪口・陰口を言いまくった悪口・陰口を言われ立ち直れない
法則通り、アンハッピーな未来にですね。これが、アンハッピーな因果応報です。

当たり前ですが、裏切り行為も同じ形で返ってきます。

恋愛における裏切り行為には5パターンがありますので、次の章で解説していきます。

しっかりマスターし、裏切り行為の返り討ちは回避しましょう!

恋愛における裏切りの因果応報は5パターン

恋愛における裏切りはたまったもんじゃありません。

恋愛、友人、上司、同僚、家族…どんな相手だろうと裏切ったら最後!時を経て、同じ形であなたは裏切られるでしょう。

今まさに裏切られているあなた!それは因果応報、あなたが過去に同じ裏切りをしてきているということなのです。

今回は、恋愛における裏切りを大きく5つに分けて解説します。

  1. 二股
  2. 浮気・不倫・略奪
  3. お金
  4. DV(モラハラ・パワハラ)

知れば知るほど、裏切ることはなくなるはず!そのくらいデンジャラスですので、心してくださいね 笑

では、一つずつみていきましょう!

①出来心の嘘は不幸のはじまり

恋愛における嘘は、優しい嘘とダメな嘘があります。

優しい嘘とは、相手を不快にさせない、傷つけない為につく嘘のこと。

  • 人並みなルックスや手料理を過剰に褒める
  • 体調不良や休日出勤などの理由で遅刻、ドタキャンする
  • 自分の趣味とは明らかに違うけど好きなフリをするetc…

ダメな嘘とは、自分を守るため、自分をよく見せたいためにつく嘘のこと。

  • 学歴、職業、年収、住居などのプロフィール詐称
  • やましい理由での遅刻、ドタキャン
  • 気持ちが冷めてるのにキープする為に好きと言うetc…

優しい嘘の因果応報は、まだ相手の愛情を感じるかもしれません。ですが、ダメな嘘はダメージが少なからず残るでしょう。

椿
「嘘も方便」には注意が必要ね!

②二股はされてもするな

恋愛における二股とは、恋人が2人いて「どちらも好き」「どちらも手放せない」という状態のことです。

浮気や不倫などと大きく違うのは、どちらも「本命」という点。「本命はいない」とも言えますが…

いずれにしても、二股されている側としては非常に迷惑な話であり、失礼極まりない行為ですよね。

当然ながら、自分も二股されるという因果応報の未来が待っています。

またこの二股行為、独身の方だけでなく、既婚者が浮気・不倫で二股するケースもあります。

椿
この場合の因果応報は破滅よ!悪い行いが重なりすぎているもの。

この場合の因果応報は破滅に近いですよね。悪い行いが複数重なりすぎていますから…

不思議なもので、自分に返ってくる時は婚活中など大事な時期が多いのです。だからこそ、二股はされてもするな!

③浮気・不倫・略奪はハイリスク

  • 浮気:肉体関係のあり・なしに関わらず、配偶者や恋人以外の人に恋愛感情を持つこと
  • 不倫:どちらか一方もしくはふたりとも既婚者であり、肉体関係があること
  • 略奪:恋人や結婚相手がいる相手の仲を引き裂きパートナーを奪うこと

浮気・不倫・略奪、この行いをして、幸せな未来が待っているとは思えません…

浮気を疑っていたら、自分が浮気されている側だった、なんて経験がある方もいることでしょう。

椿
私も「まさか私が!」となかなか現実を受け入れられなかったわ。
浮気・不倫から略奪、結婚という負の最強ルートを歩んだら最後。なぜなら因果応報の法則は、全く同じ形であなたに返ってくるからです。
まさにハイリスクハイリターン、気をつけましょう!

④金の切れ目が縁の切れ目

金の切れ目が縁の切れ目とは、金銭で成り立っている関係は、お金がなくなれば終わるということ。

恋愛においてもピッタリと当てはまります。夫婦間はもちろん、彼氏彼女の関係でもお金の因果応報はよくある話。

分かりやすいのは、相手のお金目当てでおつきあいし、財力がなくなった途端、別れる、振るという行為ですね。

これは、まさに金の切れ目が縁の切れ目。ひどい裏切り行為です。時を経て自分に返ってくることでしょう。

椿
お金の裏切りは痛い目に合うわよ。だってそこには本当の愛がないんですもの。
他にも、お金を借りたまま音信不通、お金を勝手に使い込む、貢がせて捨てるetc…
忘れた頃に返り討ちにあいますので、お気をつけください!

⑤DVは愛のムチとは程遠い

恋愛におけるDVには大きくパワハラ(パワーハラスメント)とモラハラ(モラルハラスメント)があります。

  • パワハラ:殴る蹴るといった肉体的暴力のこと
  • モラハラ:精神的暴力、精神的な嫌がらせのこと

恋愛におけるDVは交際期間中は猫を被り、結婚した途端全開にするケースも少なくありません。

椿

モラハラって意外と自分では気づきにくいのよね。

私は先輩に相談した時、「それモラハラよ」って言われて気づいたわ。

DV加害者は、あなたのためではなく自分よりも下の存在を見つけ自分の優位性を保とうとしているだけ。

暴力の後、優しくするのは反省ではなく、あなたを支配しようとしているだけ。愛情ではありませんので勘違いしないでくださいね。

因果応報の類義語も過去の行いが自分に返ってくる

因果応報の類義語は次の通りです。

類義語意味
自業自得自分がした過去の主に悪い行為が自分に返ってくる
善因善果ぜんいんぜんか善い行いは善い結果をもたらす
悪因悪果あくいんあっか悪い行いは悪い結果を引き起こす
自因自果じいんじか自分がした行いは自分に返ってくる
身から出た錆自分の行いによって自ら苦しい思いをすること
ひな
どちらにせよ自分に返ってくるなら、これからは良い行いをしよう!

因果応報は必ず同じ形で返ってくる

因果応報とは、良いことも悪いことも、自分が受ける結果のすべては、自分が作るということ。

今あなたに起こっていることは、過去の行いが原因です。

その原因に気づけるか、気づけないか、で今後の未来が大きく変わるということですね。

今のあなたの行いが未来を作っています。

因果応報の意味を知った今、悪いパターンで同じ過ちを繰り返さないよう行いには気をつけましょう!